メガソーラについて

 太陽光発電の燃料は太陽光。燃料費がかからず、発電の際に発生する二酸化炭素の量も化石燃料の燃焼を伴う発電方法に比べると、格段に少ないのが大きなメリットです。
 施設も様々ありますが、「ソーラーファーム」や「ソーラーパーク」と呼ばれる大規模な太陽光発電所の中で、出力が1MW(メガワット=1000kW)以上の施設は一般的に「メガソーラー」と称されます。
 2010年代に入り、他の火力発電所、原子力発電所に比べて、比較的メンテナンスが容易で建物屋上にも設置できるなどの利点から電力会社以外の一般企業・自治体が、売電用または自家発電用に太陽光発電設備を建設する事例が増えています。

 

 

環境にやさしい発電を目指して

 メガソーラーの建設には広大な用地を必要としますが、二酸化炭素を吸収してくれる森林を伐採して土地を確保するのでは「環境にやさしい発電」とは全く言えません。
 当社では、休業しているスキー場の斜面など利用されていない土地を活用。新たに森林を切り開くことなく、環境に配慮したメガソーラー発電所を建設。環境を守り、地域の振興の一端を担いたいと願っています。

 

 

井川町赤沢山太陽光発電所の概要

所在地

秋田県南秋田郡井川町

赤沢 地内

(旧赤沢スキー場)

出力

約1,500キロWp(1.5メガWp)

年間総発電量

(予測)

約1.5ギガWh
(一般家庭約480世帯分の電力)
敷地面積 約27,500㎡

稼働開始

平成26年度
井川町赤沢山太陽光発電所

 

秋田下浜桂根太陽光発電所の概要

所在地

秋田県秋田市

下浜桂根字浜田 地内

出力

約750キロWp

(約0.75メガWp)

年間総発電量

(予測)

約0.75ギガWh
(一般家庭約240世帯分の電力)

敷地面積 約22,000㎡

稼働開始

平成29年度

井川町赤沢山太陽光発電所